ポクレコインターナショナルは、広告代理業・ノベルティ企画販売業ほか企業PRの総合的なお手伝いを致します。

記事一覧

ロイヤルオーク

ロイヤルオークは、1972年にオーデマピゲ コピーによって発表されたスポーツウォッチです。その特徴的な八角形のベゼルと統合型ブレスレットは、時計製造における画期的なデザインとなりました。



いつから?





ロイヤルオークは、1972年4月にバーゼルフェアで発表されました。当初は2,000本の限定生産で、ステンレススチール製と18金製のモデルがありました。ステンレススチールモデルは3,300スイスフラン、18金モデルは8,000スイスフランで販売されました。



なぜ「ロイヤルオーク」なのか?





ロイヤルオークという名前は、イギリス海軍の8砲艦「ロイヤルオーク」に由来しています。オーデマ ピゲの社長だったジョルジュ・ゴレイは、この船の頑丈さと力強さに感銘を受け、この時計にその名前を付けました。



デザインの特徴





ロイヤルオークは、その独創的なデザインが特徴です。八角形のベゼルは、水中で8本のスクリューでケースに固定されており、時計に優れ​​た防水性を与えています。統合型ブレスレットは、ケースとシームレスにつながっており、快適な装着感を実現しています。



ムーブメント





ロイヤルオークには、自動巻きのCal.2120ムーブメントが搭載されています。このムーブメントは、振動数28,800回/時、パワーリザーブ40時間で、信頼性と精度で知られています。



バリエーション





ロイヤルオークは、当初のステンレススチールと18金モデル以来、さまざまなバリエーションが発表されています。現在、18Kピンクゴールド、チタン、セラミックなど、さまざまな素材から作られたモデルがあります。また、クロノグラフ、トゥールビヨン、パーペチュアルカレンダーなどの複雑機構を搭載したモデルもあります。



人気





ロイヤルオークは、発表以来、世界中で絶大な人気を博しています。その革新的なデザインと卓越した品質が、時計愛好家から高く評価されています。ロイヤルオークは、時計史にその名を刻む、真のアイコン的存在となっています。



ロイヤルオーク いつから?

1972年4月
【関連記事】:若者に人気のスタイリッシュな時計

トラックバック一覧

コメント一覧