ポクレコインターナショナルは、広告代理業・ノベルティ企画販売業ほか企業PRの総合的なお手伝いを致します。

記事一覧

マスクのお話

こんにちは
スタッフCKです!
現在のコロナ禍の早期の収束を願いつつ
今日は外出に手放せなくなったマスクの小話でも。

基本的に使うことの多い
不織布のプリーツタイプのマスクですが
上下のかんたんな見分け方をご存知ですか?

実はひと目で分かるんです!
プリーツのひだが下を向いている方が表なんです!

ちゃんと理由がありまして、このひだが上向きになると
上向きになった溝部分にウイルスや菌などが溜まりやすくなってしますのです。

ですので個包装のマスク等で外装がなく、取扱説明書がないものはこの方法で見分けると便利です。

ちなみ一方向のひだでなく、プリーツが上下にあり、広げると裏表で凹凸になるマスクの場合は、出っ張るほうが表です。


マスクの効果など気休めかもしれませんが、
この状況下で外に出る必要の有る人はつけていないと冷たい目で見られたりしてしまうマスク。
せっかく使うのならば最大限効果を発揮できる使い方をしましょう!

ちなみにですが、取扱説明書がある場合はもちろん取扱説明書の表記に従ってください(笑)